放射線取扱主任者試験に合格しよう!

資格取得を目指す皆さんを応援します

2019年度第一種試験問題総評 化学編

2019年度第一種試験問題総評

【化学】

難易度は物理同様例年並みと思います。

五者択一式の問題も昨年度までの過去問題をしっかりと解いて臨めば6割は得点できる問題です。また、物化生に代わり新たに追加された文章問題問11、問12も過去の物化生に出題された問題と類似の問題も多く、過去問題をしっかり解いておけば6割、7割は十分得点できる問題です。

全ての教科に共通することですが、計算問題が苦手な人は暗記すべきことを確実に覚えて暗記問題で得点することを心がけましょう。

 

問1や問3のような原子数比や放射能を求める問題は過去問題でもよく出題されています。放射能を求める公式を覚え、過去問題をしっかりと解いておけば確実に得点できる問題です。

問2は部分半減期に関する問題です。化学や物化生の過去の問題で幾度と出題されています。部分半減期を求める問題では252Cfや40Kがよく出題されています。昨年度2018年度の物化生では212Biの部分半減期を求める問題が出題されました。今年度2019年度の物理では40Kについて部分壊変定数を求める問題が出題されています。

問5の比放射能を求める問題も非常によく出題される頻出問題です。過去問題に類似問題がありますのでしっかりと解いておけば得点できます。

問6、問7は放射平衡に関する問題です。放射平衡が成立する条件、そして過渡平衡、永続平衡の特徴は確実に覚えておきましょう。

問8は昨年度2018年度物化生の類似の問題です。昨年度出題されたばかりの問題ですので得点できる問題です。

問9、問10、問11は核反応に関する問題です。問9の励起関数の問題は過去にもあまり出題されていなかったかと思いますのでは難しかったかと思います。ただ、落ち着いて考えれば消去法で正答にはたどりつけるかと思います。本番の試験ではまずは飛ばして時間が余ったら考える程度でも良いかもしれません。

問12は天然放射性核種に関する問題です。過去問題でも非常によく出題されていますのでしっかり覚えておきたい分野です。問16、問17も天然放射性核種に関する問題です。

問13のリン、問14のPET核種は重要核種です。過去にも幾度と出題されていますので確実に暗記しておきましょう。リンはヨウ素と並び出題頻度が非常に高い核種です。PET核種は生物の試験で非常に出題頻度が高い核種です。

問15は低エネルギーβ線放出核種の半減期に関する問題です。代表的なβ線放出核種、γ線放出核種に関しては半減期、エネルギーなどを確実に暗記しておきましょう。

問18は放射性物質の除去方法として沈殿や溶解に関しての問題です。2005年度の化学で類題が出題されています。

問19はSrの分析法に関する問題です、この問題は過去にもあまり出題されたことがない問題ですので難しかったかと思います。

問20は放射性気体の発生に関する問題です。試験に出題される放射性気体やその化学反応式はある程度決まっていますので過去問題を通して暗記しておきましょう。

問21はクロム酸カリウムの沈殿に関する問題ですが、問題文が長くじっくり読まないと間違えそうな問題です。この問題も本番の試験ではまずは飛ばして時間が余ったら考える程度でも良いかもしれません。

問22はイオン交換樹脂に関する問題です。ここ数年、陽イオン交換樹脂や陰イオン交換樹脂に関する問題がよく出題されています。過去問題をしっかりと解いておきましょう。

問23は沈殿や分離に関する問題です。主な沈殿やイオン交換樹脂による分離方法、またキレート化合物については化学の試験でよく出題されていますのでしっかりと勉強しておきましょう。

問24は標識化合物の合成方法に関する問題です。標識化合物に関しては命名法や合成法についてしっかりと覚えておきましょう。合成方法に関しては反跳合成法やウイルツバッハ法などの特徴も暗記しましょう。

問25の同位体希釈法、問26のホトアトムに関する問題は毎年のように出題されています。過去問題をしっかりと解いておけば得点できます。

問28、問29は放射線が物質に及ぼす効果に関する問題です。ラジカルやスプール、また水との相互作用で生成する活性種などをしっかりと勉強しておきましょう。放射線が物質に及ぼす効果に関する問題は物理や生物の試験でも出題されます。

問30は遮蔽や半価層、制動放射など物理の試験で出題される内容の問題です。半価層の計算がしっかりできること、制動放射線を理解しておくことが大切です。

問31は放射化分析に関する文章問題です。放射化分析に関しては重要な公式がありますので確実に暗記しておきましょう。2008年度、2016年度の物化生の過去問題でも同様の問題が出題されています。溶解度積から沈殿に含まれる放射能を求める(ウ)の問題が少し難しかったかもしれませんが、溶解度積に関する問題も過去の物化生でも幾度か出題されています。考え方を理解しておきましょう。

問32 Ⅰはヨウ素に関する文章問題です。ヨウ素は非常に出題頻度が高い重要核種で、過去の試験では化学、物化生、管理測定技術で非常に多く出題されています。安定同位体127I以外に123I,125I,128I,129I,131Iの放射性同位体に関して特徴を覚えておきましょう。

Ⅱはホットアトムに関する文章問題です。ホットアトムに関する問題の中でもヨウ化エチルの反跳エネルギーに関する問題は文章問題として過去には幾度と出題されています。γ線の反跳エネルギーや生成核種の放射能を自分で計算できるようにしましょう。