放射線取扱主任者試験に合格しよう!

資格取得を目指す皆さんを応援します

理解する勉強を

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

来年度の受験を考えている人は少しずつ勉強を始めていることと思います。
放射線について勉強を始めると、その難しさに最初は誰でも嫌になってやめてしまいたくなります。そこを頑張って乗り切れば少しずつ放射線が分かり始め、勉強も軌道に乗ってきます。諦めずに頑張って継続してみて下さい。継続は力なりです。

第一種放射線取扱主任者試験の参考書としては「放射線概論」が最も一般的です。放射線概論をしっかり勉強し、なおかつ十分に過去問題を解いて試験に臨めば確実に合格できます。放射線に関して初めて勉強する人、また放射線概論が難しく感じる人はまずはもう少し易しめの参考書を自分で探して勉強を始めてみるのもよいかと思います。放射線取扱主任者試験の参考書はインターネットで探せば数多くありますし、少し大きめの本屋に行けば実際に中身を見ることもできますので、自分に合った参考書を見つけて早めに勉強に取りかかることが重要です。

第一種放射線取扱主任者試験を過去に受験したことがある人は過去問題中心に勉強を行い、本番の試験で確実に6割を得点できる実力を養っていくことが大切です。過去の試験で不合格であった要因を自分なりに分析してその対策を行わなくてはなりません。

暗記しなくてはならないことをしっかりと暗記して試験に臨みましたか?

放射線取扱主任者試験では暗記しなくてはならないことが非常にたくさんあります。
例えば放射性核種だけでも数十種類、もしくは百種類を超える核種を暗記する必要があります。その放射性核種の壊変、半減期、エネルギーはもちろんのこと用途や特徴なども暗記しなくてはなりません。もちろん、原子番号から質量数、同位体が複数ある場合にはそれぞれの質量数ごとに暗記しなくてはなりません。放射線取扱主任者試験で重要核種のひとつであるヨウ素123I、125I、127I、128I、129I、131Iなど多くの同位体を暗記する必要があります。放射性核種だけでも暗記する量は膨大になりますが、合格するためには暗記なくてはならないのです。

それ以外でも、物理、化学、生物、実務、法令の課目において暗記なくてはならいことは山のようにあります。

過去の試験で不合格であった人は、これら暗記すべき事項をしっかり暗記して試験に臨みましたか?「覚えるのがめんどくさい」、「たぶん出ないだろう」そんな気持ちで試験に臨んでも合格はできません。まずは今までの自分が暗記すべきことを本当に暗記して試験に臨んだどうかを振り返ってみて下さい。そして来年度の試験にはこれら暗記すべき事項を確実に暗記して試験に臨んで下さい。5年間分から7年間分の過去問題を解けば何を暗記しなくてはならないかは大体は見えてきます。

過去問題を解いているうちに正答を覚えてしまっていませんか?

「5年間分の過去問題を3回り解いて試験に臨んだ、5回り解いて試験に臨んだ。過去問題では8割は得点できた、9割は得点できた」しかし、本番の試験の結果は不合格だった…

過去の試験で不合格であった人の中には「まさに自分かも」と感じる人もいるのではないでしょうか。

過去問題は最低5年間分から7年間分を3回りから5回り解いて試験に臨むことが大切です。5年間分から7年間分の過去問題を解いておけば、重要な問題や毎年のように出題される頻出問題は確実に目にすることができます。それらの問題を確実に解けるようにしておけば必ず合格できます。
しかし、過去問題を何回も解いていると、知らず知らずのうちに正答を覚えてしまっていることがあります。問題を見ると反射的に正答が分かり、そのため過去問題を自宅で解いているときも余裕を持って全てを時間内に解き終え、そして、答え合わせをしても8割から9割の正答率、解く回数を重ねるごとに10割全て正解できる教科も出てきます。もちろん、計算問題も完璧に正解です。

本当に理解して正解している場合は全く問題ありません。本番の試験でも必ず合格間違いありません。しかし、理解もしていないのに何度も過去問題を解くうちに正答を機械的に覚えてしまっただけで正答率が8割、9割得点できている場合は注意が必要です。本番の試験で問題文を少し変更されたら全く手も足も出なくなり不合格になってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、過去問題を解く際には正答率よりも自分がちゃんと理解できているかに重点をおかなくてはなりません。過去問題は解く時間以上に復習に時間を割くことが重要です。全ての問題、全ての選択肢をもう一度見直しながら復習を行い、あやふやな部分は放射線概論などの参考書に戻って調べて頭に叩き込んでいくことが大切です。計算問題も計算過程を重視してなぜこのような計算をしなくてはならないのかをしっかりと考える必要があります。

過去問題はできるだけたくさんの問題を解くに越したことはありません。しかし、年数や問題数ばかりにとらわれ、正答率ばかりを気にして理解しない中でやみくもに解いても実力は付きません。過去問題は理解しながら解いてこそ初めて自分の力になっていくものです。

来年度の試験に向けて勉強をしていく中で参考にしていただければと思います。

 

計算問題と数学の知識

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

放射線取扱主任者試験では計算問題がある程度の割合で出題されます。
計算問題を解くためには公式を利用することがありますが、公式を暗記しておけば正解にたどりつけるというわけにもいかない場合があります。
計算問題の基本は四則計算になりますが、放射線取扱主任者試験の問題では、高校で学ぶ数学を必要とする問題も出題されています。
指数や対数、三角関数、簡単な微分積分の計算などは身につけておきたい知識です。

2019年度第二種試験の物理・化学・生物の化学問1では、放射能が経過時間とともに指数関数的に減少していることから指数の計算が必要になります。

t[s]後の放射能Aは、t=0[s]のときの放射能をA0半減期をT[s]とすると

 イメージ 2

で表されます。

t=T[s](半減期の時間)で放射能Aが初めの放射能A0の2分の1になっています。

2019年度第一種試験の物理問5や生物問17は積分の計算が出てきます。近似的には積分を使用しなくても解けますが、積分を使用すると簡単に解けるように思います。

2019年度第一種試験の物理問18や問20のようなコンプトン散乱に関する問題ではcosθ(コサイン)やsinθ(サイン)などの三角関数の知識が必要になります。

2019年度第一種試験の実務問4Ⅱ(G)ではpHに関する問題が出題されていますが、この問題では高校化学のpHの知識も必要になり、pHを計算するにあたって数学の対数の知識も必要となります。

pHは、水素イオン濃度を[H+]とすると、

 f:id:radioisotope_f:20191114133700g:plain

で表されます。

2019年度第一種試験の実務問4Ⅲ(J)でも指数に関する知識が必要になります。正答にたどりつくだけなら指数に関する知識で十分ですが、貯留槽中に留め置く正確な日数を計算するには対数の知識が必要になります。

高校数学の知識を持っておくと計算問題に強くなれることは間違いありません。
また、高校物理、高校化学などの基本的な知識についても自信のない人は高校時代の教科書や参考書から勉強を始めてみるのもよいでしょう。これから放射線概論や過去問題を勉強する中で、これらの知識を有していると勉強がしやすくなります。
試験直前では基本事項の見直しに時間を割くことがなかなかできなくなりますので、時間的に余裕のある今の時期にしっかりと基礎固めを行っておくことが大切です。

放射線取扱主任者試験で必要となる数学の知識に関しては、左のカテゴリ中の「知っておきたい数学」に記事として掲載していますのでご覧下さい。

 

放射能の計算

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

先日、これから放射線を学ぶ人に用語や単位についての記事を紹介しました。その中で、放射線取扱主任者試験では放射能放射性物質の質量、原子数などを計算する問題が毎年のように出題されています。

2019年度の試験問題では、

 第一種試験:化学問1、問3、問4

 第二種試験:物理・化学・生物の化学問1、問3

第二種試験の物理・化学・生物の化学問1を除いては、全て放射能を求める公式を用いて計算することができます。必ず覚えておかなくてはならない重要公式です。

放射能を求める公式は以下の式で計算できます。

 f:id:radioisotope_f:20191111092958g:plain

 A[Bq]:放射能 T[s]:半減期 w[g]:放射性物質の質量 M:放射性物質の質量数

 6.02×1023アボガドロ数

 ここで、

 f:id:radioisotope_f:20191111093519g:plain は壊変定数と呼ばれ一般的にλで表します。

壊変定数:

放射性核種の壊変の確率を表す尺度で、一個の不安定な素粒子原子核が単位時間に壊変する確率のことを一般に記号λで表し、核種に固有な定数である。(原子力百科事典 ATOMICAより)

 f:id:radioisotope_f:20191111093858g:plain は質量を質量数で除したものでモル数を表しています。

 f:id:radioisotope_f:20191111093858g:plain にアボガドロ数(6.02×1023)を乗ずることで原子数になります。

 

放射能は単位時間当たりの壊変数、すなわち壊変率と定義することができます。

壊変率(放射能)Aは、壊変定数をλとするとそのときの原子数Nに比例することから上述した公式を導入することができます。導入の仕方に興味のある人は以下の記事をご覧下さい。

 放射能を求める式

2019年度の問題を見てみると、

第一種試験化学問1は放射能が等しい2つの異なる核種60Coと57Coの原子核数の比を問われています。放射能Aと半減期Tが分かっていますので放射能を求める公式のアボガドロ数×w/Mの比を求めればよいことが分かります。

化学問3は放放射能Aと半減期T、式量が分かっていますので放射能を求める公式から質量wを求めます。(第二種試験物理・化学・生物の化学問3も同様)

化学問4はそれぞれの値を放射能を求める公式に代入して放射能を求めます。(Dのみ放射平衡の知識が必要になります)

第二種試験物理・化学・生物の化学問1は少し考え方が異なりますので、また後日触れたいと思います。

本日の内容で重要なことは、放射能を求める公式は必ず暗記するということです。

 

アメリシウム(241Am)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

皆さんもご存じかと思いますが、先日、放射性物質を所持していた会社員と高校生が逮捕または書類送検されるというニュースが報道されました。容疑はいずれも放射性物質であるアメリシウム241Am)を保持していた疑いです。

放射性同位元素等の規制に関する法律の第一条には、

原子力基本法の精神にのっとり、放射性同位元素の使用、販売、賃貸、廃棄その他の取扱い、放射線発生装置の使用及び放射性同位元素又は放射線発生装置から発生した放射線によつて汚染された物の廃棄その他の取扱いを規制することにより、これらによる放射線障害を防止し、及び特定放射性同位元素を防護して、公共の安全を確保することを目的とする。」

と記載されています。許可されていない使用者の保持などは当然罰せられることになります。放射線取扱主任者の資格取得を目指している人もこれから法令の勉強の中で学んでいくことと思います。

さて、本題ですが、

今回のニュースで問題となったアメリシウム241Am)放射線取扱主任者試験でも非常に出題頻度の高い重要核種です。必ず241Amに関する重要事項は暗記しなくてはなりません。

241Am
 半減期432年 α壊変 α線エネルギー5.4MeV γ線エネルギー59.5keV

 アクチノイドに属する

 241Amで試験でよく出題されることは、

 ①γ線(59.5keV)

  厚さ計や硫黄計、蛍光X線分析装置の線源に利用

  対外計測法で使用される肺モニターに使用

 ②α線(5.4MeV)

  α線源や煙感知器に利用

  241Am-9Be中性子線源:9Be + 4He(α線) →12C + 1n

  (226Raのα線も同様に中性子線源として利用される)

 

実際の試験において241Amが出題された例を挙げてみますと、2019年度の試験では第二種試験で出題されています。


2019年度第二種試験物理・化学・生物の化学問7

次の核種について、半減期が短い順に正しく並べられているものはどれか。

1 85Kr < 60Co < 192Ir < 137Cs
2 85Kr < 192Ir < 137Cs < 241Am
3 192Ir < 137Cs < 60Co < 241Am
4 192Ir < 60Co < 241Am < 85Kr
5  60Co < 85Kr < 137Cs < 241Am


2019年度第二種試験物理・化学・生物の化学問9

放射性同位元素装備機器に用いられる密封線源及び検出器に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

A 厚さ計 85Kr プラスチックシンチレ-ション検出器
B 密度計 90Sr 3He比例計数管
C 水分計 252Cf GM計数管
D 石油硫黄計 241Am 電離箱


2019年度第二種試験実務問12Ⅱ

 …しかし、137Cs密封線源からは(オ)662keV、241Am密封線源からは主に(カ)59.5keVのγ線が放出されている点に留意すべきである。…


 

第一種試験での問題では


2018年度第一種試験管理測定技術問6Ⅰ

個人の内部被ばくモニタリングのために行われる吸入摂取したプルトニウムの測定法としては、体外計測法とバイオアッセイ法が用いられる。体外計測法としては(A)肺モニタが用いられ、239Puを評価する場合には239Puの(B)α壊変に伴う(C)235 UのLX線を計測するか、プルトニウムと通常共存する241Amからの(D)59.5keVのγ線を測定する。…


2018年度第一種試験化学問26

放射性核種とその利用の関係として正しいものの組合せは次のうちどれか。

A 241Am 煙感知器 
B 238U 水分計 
C 57Co メスバウアー分光 
D 63Ni ガスクロマトグラフ 
E 90Sr Rb-Sr年代測定法


2018年度第一種試験化学問27

透過型厚さ計で用いる線源と下図に示した測定範囲の関係として、正しいものの組合せは次のうちどれか。

1 90Sr 241Am 137Cs 85Kr 
2 241Am 85Kr 90Sr 137Cs 
3 90Sr 85Kr 137Cs 241Am 
4 85Kr 90Sr 241Am 137Cs 
5 85Kr 90Sr 137Cs 241Am


2017年度第一種試験管理測定技術問3Ⅱ

…密封線源の場合も、密封状態に影響するような変化が発生しないように注意する。241Am密封線源は低エネルギーγ線源として(M)蛍光X線分析に用いられているが、α放出体でもある。α線源としての利用では(N)金が窓材に良く用いられるが、非常に薄いので破損しないように注意する。


などがありますが、まだまだ過去問題では数多くの問題が出題されています。

241Amは放射線取扱主任者試験では非常に重要な核種ですので、多くの過去問題を解いてしっかりと暗記して下さい。

 

放射線、放射能、ベクレル、シーベルトなど

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

これから放射線について勉強したいと思っている人は、まずはじめに用語について簡単に意味を知っておくとよいかと思います。

放射線放射能放射性物質の意味は、簡単には

 放射線放射性物質から放出される粒子や電磁波

 放射能放射線を放出することができる能力

 放射性物質放射線を放出する能力を有する物質(放射能をもつ物質)

電球や懐中電灯などに例えて分かりやすく説明しているホームページもありますので、これから放射線の勉強を始めたいと考えている人は是非それらのホームページを見てみるとよいかと思います。

身近な放射線としては電磁波のひとつであるエックス線があります。健康診断ではお世話になります。また、ガンマ線という言葉も聞いたことがあるかもしれません。

粒子ではアルファ線ベータ線などの言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これらのエックス線やガンマ線アルファ線ベータ線を放出できる能力を放射能といいます。

また、放射線を勉強し始めるといくつかの単位を目にします。ベクレル[Bq]やシーベルト[Sv]、またグレイ[Gy]などといったものです。

それぞれの意味は、

 ベクレル[Bq]:放射能を表す単位で放射性物質が1秒間に崩壊する原子の個数

 シーベルト[Sv]:人が受ける被ばく線量の単位

 グレイ[Gy]:物質にどれだけの放射線のエネルギーが吸収されたかを示す単位

崩壊(壊変)とは、不安定な原子核をもつ物質が安定な原子核をもつ物質に変わることをいい、1秒間に1つの原子核が崩壊(壊変)することを1ベクレル[Bq]と定義しています。

以前は放射能を表す単位としてはキュリー[Ci]が使用されていましたが、現在ではベクレル[Bq]が用いられます。1キュリー[Ci]とはラジウム226Ra1gが示す放射能をあらわしており、これをベクレル[Bq]に換算すると1[Ci]=3.7×1010[Bq]となります。すなわち、ラジウム226Ra1gが示す放射能は3.7×1010[Bq]となります。

この「226Ra1gが示す放射能は3.7×1010[Bq]である」は暗記しておくとよいでしょう。ミナテンテンと覚えましょう。暗記しておくと放射線取扱主任者試験で役に立ちます。

キュリー[Ci]という単位は皆さんご存知のキュリー夫妻(ピエール・キュリー、マリ・キュリー)にちなんでいます。

シーベルト[Sv]は、その値が大きいほど人体が受ける放射線の影響が大きくなることを意味しています。新聞などではこのシーベルト[Sv]の単位を見ることが多いかと思います。

放射線取扱主任者試験でも、当然のようにこれらの用語や単位は問題文中に出てきます。例えば、今年度2019年度の物理や化学、生物の問題からいくつか拾ってみると、

【物理】

 問6B 226Raの放射能が37MBqである場合、その質量は約1μgである。

 問11C 252Cfの放射性壊変の大半はα壊変であり…

 問31 …前者は電気的に中性な放射線にのみ使用されるのに対し、後者は全ての     放射線に対し適用される。単位はJ・kg-1であるが、特別な単位としてGy

     を用いることも多い。

【化学】

 問1 放射能が等しい60Co(半減期5.27年)と57Co(半減期272日)が存在する…

 問3 …745.5gの塩化カリウム(式量74.55)の放射能[Bq]として

 問4 次のうち、放射能が等しいものの組合せはどれか。

 問6 …親核種の放射能は娘核種の放射能より常に大きい。

     …娘核種の放射能は親核種の半減期で減衰する。

 問7 その放射能が100Bqだったとき、Xの放射能(A1)とYの放射能(A2)の…

【生物】

 問3 3Gy被ばく2時間後までに…

     5Gy被ばく2時間後までに…

 問9 …当たりの医療診断による被ばくの実効線量は、平均で約4mSvである。

     …被ばくの実効線量は、1検査当たり約10mSvである。

 問10B 預託実効線量の単位はシーベルトである。

実務の試験問題でももちろん出題されていますので、これらの基本用語や単位の意味は覚えておきましょう。

 

勉強計画を立てよう

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

11月の第二週目に入りました。

来年度の試験を受験される人は少しでも早めに試験勉強に入りましょう。今から始めると10か月間勉強できることになりますので、基本からじっくりと勉強することができます。

この資格試験は出題範囲も広いため、短期間の勉強で合格に到達するのはなかなか大変なことです。合格するためにできるだけ実践問題である過去問題を解くことに時間を費やすことが大切ですが、この過去問題を解く作業がなかなか時間を要します。

しっかり過去問題を解くことを考えると、1年間分を一週間で解くことはなかなか厳しいかと思います。余裕を持って1年間分を二週間で解くことを考えると、一カ月で解ける年数は2年間分です。5年間分の過去問題を解くのに要する期間は二か月半です。1年間分を2回、3回繰り返し解くことを考えると、しっかり過去問題を解くだけでも四か月、五か月かかってしまいます。

過去問題をしっかりと解くにはそのくらいの時間が必要になります。過去問題を解くということは解いた後の復習がとても大切になるのです。自分が正答できなかった問題を解説を読んだり参考書で調べたりすることが非常に大切で、その労力に時間をかけた分だけ自分の実力となって身に付いていきます。

しかし、そのくらいじっくりとしっかりと過去問題を解かなくてはまた意味がありません。過去問題は解き方ひとつでその効果は全く違ってくることを頭に入れておいて下さい。

 

まずは、これからの10か月間の勉強計画を自分なりに立ててみましょう。

例えば、3月までは放射線概論や参考書を読み終え一通り放射線に関しての勉強を終える期間、そして4月から試験のある8月までは過去問題中心に勉強を行う期間などといったように計画を立てることをしてみましょう。

 

全ての資格試験に共通することですが、楽して簡単に合格できるような試験はありません。努力して頑張って初めて合格できるのです。そして、その努力して頑張った分だけ合格したときの喜びはまた格別な思いがあります。

 

来年度の受験を考えている人は、勉強計画を立てて真剣な気持ちで早めに勉強を始めることが大切です。

 

令和元年度試験問題の解答解説

 

令和元年度放射線取扱主任者試験問題の解答解説について配布できる準備が整いました。配布できるものは以下のとおりです。


 第一種放射線取扱主任者試験 「物理」「化学」「生物」「実務」の 4課目

 第二種放射線取扱主任者試験 「物理・化学・生物」「実務」の 2課目

                  (第一種、第二種とも法令はございません)
 
平成30年度(2018年度)以前のものも含め過去問題解答解説にご興味のある方は、左のカテゴリの「過去問題解答解説(1種、2種)」または以下のリンクをご覧下さい。